離婚から再婚へ。新生活応援サイト

幸せへの第一歩

離婚と一言で言っても、その種類は人の数だけ違います。
幸せになる為の離婚。
選択せざるを得ない離婚。
誰かを守る為の離婚。
いずれにしても、原因が何なのか、誰にあるのかをはっきりさせずに、ただやみくもに感情のまま事を運ぶのは無謀です。
もしも、自分が思っていた事と違う要因が隠れていた場合、話し合いがこじれたり、もしくはそもそも離婚する必要がなかった場合、幸せな人生を棒に振る可能性もあるからです。
ですから、できるだけ慎重に、冷静に対処する様にしましょう。
法律で定められた離婚理由は、以下の通り。
配偶者の不貞な行為:
一夫一婦制の貞操義務違反、つまり浮気の事です。
配偶者の悪意な遺棄:
正当な理由なく、同居義務や扶助義務を怠った場合です。
配偶者の三年以上の生死不明:
音信不通となった時から現在も生死不明が三年以上継続している場合です。
配偶者が回復の見込みのない強度の精神病にかかった時:
治療期間や内容も重要視されるので、医学的に回復の見込みなしと判断されても、必ずしも認められるとは限りません。
その他婚姻を継続し難い重大な事由がある時:
性格や性の不一致、配偶者の暴力や親族の嫌がらせ等があった場合です。
以上の五つの内、どれに該当するのかをよく見極め、幸せな未来への一歩を踏み出しましょう。

Facebookでコメント

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

]