離婚から再婚へ。新生活応援サイト

新たな人生を歩みだす貴方へ

離婚を決意した貴方が、乗り越えなければならない壁の1つに、離婚届提出があります。
結論に至るまでのプロセスは人によって違えど、答えが出た以上、よりスムーズに婚姻状態を解消したいのは誰しもが願う所。
書き損じや書類不備等で、なるべく無駄な労力を使わない様、離婚届の書き方をしっかりと確認しましょう。
離婚届は、市町村役場に置いてあります。
記入の際、間違えた箇所は、二重線で消し訂正印を押します。
印鑑は、認印でも大丈夫ですが、ゴム印以外で捺印します。
他に気を付けたい点をいくつか挙げます。
まず、氏名は、離婚前の戸籍に記載されている氏名です。
住所は住民票の住所ですが、転居届を同時に出す場合は、新住所を書きます。
本籍は離婚前の戸籍謄本の通り。
婚姻前の氏に戻る者の本籍は、元の戸籍が除籍の場合、新しい戸籍を作ります。
また婚姻時の名前を使う場合は、所定の手続き用紙を提出します。
証人は、二十歳以上の方二名に、記入・捺印してもらいます。
もし証人が夫婦の場合、それぞれ別の印鑑を押してもらいます。
その他、欄外にも注意事項が記載されてあるので、見落とさない様に注意しましょう。
以上の点を踏まえ、もし解らない点があるなら、再度確認した上で、慎重に提出して下さい。
新たな人生の第一歩。
重い扉から光がさす時はすぐそこです。

Facebookでコメント

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

]