離婚から再婚へ。新生活応援サイト

財産分与について

離婚の際に大きな問題となり、避けて通ることのできないのがやはりお金の問題でしょう。
財産分与とは婚姻関係にあった期間に夫婦で築いた共有財産を分けるものです。預貯金、保険、動産、不動産、株、会員権、などの財産や借金が対象となりますが、結婚する前から所有していたものに関しては財産分与の対象外となります。
財産分与は離婚原因が自分にあるかないかに関わらず、請求することが出来る正当な権利です。なので離婚をする際には財産を分けるのですが、何でもかんでも半分に出来るとは限りません。お金などは簡単に分けることが出来るのですが、土地や建物などの場合は分割し分け合う事ができません。このような場合は土地や建物を売却してお金にしてしまったり、片方が不動産をもらい、もう片方が同程度の預貯金をもらうという方法があります。これを清算的財産分与といい、一般的な方法として知られています。
その他に扶養的財産分与というものがあり、経済的不安がある側に生活費などを互いに決めた期間、もしくは再婚するまでの間渡すというものです。これは経済状態や離婚理由、子供のあるなしで変わってくるものです。
離婚をする上で財産は非常に重要な部分なので、離婚を考えるのであれば財産を調べ、話し合いをする必要があります。

Facebookでコメント

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

]