離婚から再婚へ。新生活応援サイト

慰謝料について

離婚の際、場合によっては慰謝料が発生します。不貞行為や暴力、借金など夫婦のどちらかが離婚原因となる場合です。
この他にも精神的苦痛や宗教にのめり込んだり、逮捕されたりという場合ににも慰謝料請求が可能です。このような場合は損害賠償の意味もあります。
つまり明らかな離婚理由や損害など一切ない、性格の不一致などによる離婚といった、お互いにある程度の非があるような場合は慰謝料の請求はできません。
そして慰謝料の問題は上手くまとまらない事が多く、離婚が長引く原因にもなります。例えば配偶者の不貞行為による離婚の場合、懲罰的な思いから莫大な額を請求をしたり、逆に離婚後にも配偶者からお金を引っ張るためだけに慰謝料をでっちあげたりということもあります。
こちらが請求する側の場合は、あまり現実的でない金額を提示せず、一般的な金額を最初に提示してしまいましょう。一括での支払いが難しい相手であれば支払いプランをこちらから提案しても構いません。
一般的な慰謝料の金額は100~200万円だとされています。しかし慰謝料の分を財産分与で補うこともよくあるので、時と場合によって増減します。
また配偶者の不貞行為によって離婚となった場合、不貞行為の相手側にも慰謝料を請求出来ます。不貞行為の相手側は婚姻関係を危うくする行為であるため、その責任を負わなくてはならないということです。

Facebookでコメント

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

]