離婚から再婚へ。新生活応援サイト

離婚を考える理由とは

離婚をしたいと考えるのには必ず理由がありますが、その理由は人それぞれです。ではどのような理由で離婚を考えるのでしょうか。
一番多いのがやはり性格の不一致による離婚です。今までの生活環境も人間性も異なるので性格が違うのは当然なのですが、結婚となるとそれまで見ることのなかったお互いの嫌なところや価値観の合わない事などが出てきてしまい、それが重なることによって離婚を考えるのです。
これは比較的結婚歴の浅い夫婦が多いのではないでしょうか。お互いの価値観をすり合わせたり譲り合ったり出来ない部分は人間だれしもある物なので、ある意味どうしようもない問題なのかもしれません。
そして若い人だけでなく、所謂熟年離婚と呼ばれる中にも性格の不一致によるものが増えてきているのです。
厚生年金分割制度によって離婚しても年金を分割出来るようになってから特に増えています。生活のためにと離婚を踏みとどまっていた扶養される側の人が、この制度によって離婚後の生活への不安が減少したためです。
その他の離婚理由としては浮気や不倫によるものです。単純に不貞行為がパートナーにバレてしまったからという人もいれば、不倫相手と一緒になるために現在のパートナーと別れたいという人もいます。
またDVによる離婚も増えています。肉体的な暴力だけでなく、精神的な暴力や、金銭的に追い詰めるものもDVと呼ばれます。
もちろんここで上げた以外にも離婚理由は多々あるのですが、その中でも特に増えている傾向としては熟年離婚です。
先ほども書いたように厚生年金分割制度が平成19年に施行されてから増加しています。
厚生年金分割制度は元々は両者の合意の下、結婚していた期間の厚生年金を分割出来るというものでしたが、平成20年行こうはお互いの合意がなくても自動的に分割されるようになりました。
やはり生活のために離婚を踏みとどまっていたケースが予想以上に多いようで、この制度が施行されてから離婚率が上がったと言われています。
そして近年では女性の社会進出が進んだため、離婚後に経済的に困窮するという状況が以前に比べればだいぶ減ったため、女性が無理をして結婚にしがみつく必要性がなくなりました。こういった事で人それぞれある離婚理由がさらに複雑なものになったともいえます。

Facebookでコメント

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

]