離婚から再婚へ。新生活応援サイト

離婚には色々な方法があります

離婚には様々な種類があり、離婚の仕方によって必要な手続きも変わってきます。
離婚の方法はおおまかに分けて2種類あり、協議離婚と裁判離婚があります。
それぞれ以下のようになっています。

協議離婚

夫婦の間で離婚に向けて話し合い、離婚することになった場合、協議離婚と言います。
この場合はお互いに離婚に同意した上で離婚届を提出し、受理された段階で離婚が成立します。
性格や価値観の不一致、生活のすれ違いなどが原因で離婚する時にこの方法をとります。
離婚の種類では最も多いのがこの協議離婚です。

裁判離婚

離婚する夫婦のうち約1割ほどはこの方法で離婚します。離婚問題が泥沼化してしまうのもこの離婚方法です。
こちらは離婚する意思があり、話をしようとしているのに相手が応じない場合や、何かしらのトラブルや問題を抱えている場合にこの方法を選択することが多いようです。
裁判離婚は以下のようにさらに3種類に分類されますの。

  • 調停離婚
    家庭裁判所で調停員が立ち会って離婚調停を行い、離婚をします。
  • 審判離婚
    家庭裁判所での調停が成立しなかった際に裁判を行って離婚をするものです。離婚理由が正当であると認められれば、審判を受けて離婚成立となりますが、相手が異議申し立てを2週間以内にしてしまうと効力を失ってしまいます。
  • 判決離婚
    離婚を望んでいるのに調停で話し合いができなかったなどの理由で離婚できない場合に行われます。地方裁判所に離婚請求を提出し訴えを起こすこととなります。この場合本格的な裁判を行うことになるので、弁護士を雇って争う必要があります。時間的にも金額的にも大きな負担となることが予想されます。

自分がどのような形で離婚したいかによってしなければならない準備が変わってくるので、自分がどれに当てはまるのか予め考えておく必要があります。

Facebookでコメント

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

]